FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠山の金さん(高橋版) - 第112話 呪いの妖術 メトロノームに泣く女!

また時間が空いてしまいました。すみません。
さて、前回に続いて時代劇の催眠売春(?)ドラマを紹介します。高橋英樹版の「遠山の金さん」の一話で、サブタイトルからして気になる内容ですが、催眠術が物語の謎の中心です。


金さんは骨董屋の娘おすみと出会います。おすみはろくでなしの現夫と別れて、幼なじみの左吉と結婚したがっていますが、現夫が離縁してくれません。そこで評判の結婚相談所(裏では離縁請負)へ離縁の相談をもちかけます。蘭学医崩れの先生は離縁を請け負いますが、その手段は怪しげな催眠術を使ったものです。前夫も催眠をかけられ離縁状に署名してしまいます。

tk04.jpg tk01.jpg 
一方で、この相談所では、町娘に催眠をかけ「色好みの狐憑き」状態にさせ、町の旦那衆にあてがって稼いでいるのです。メトロノームを使って術をかけられた女性は放心状態、「わたし、何人もの男に抱かれる」とつぶやく催眠人形となってしまいます。

tk02.jpg tk03.jpg
離縁状を取り付けたと言われ相談所に呼ばれたおすみですが、莫大な料金を吹っかけられ、足りない分は体で払えと要求されます。毅然と拒むおすみですが、先生のあやかしの声が響きます「わしの目を見るのだ!」。部屋には香が焚かれ、メトロノームの音色が響きます。

tk05.jpg tk06.jpg
「おまえは眠くて仕方がない」「眠ってしまう・・・」。心に響くその声に、おすみの目はうつろとなり、従順に従う催眠奴隷へと変幻してしまうのです。

tk07.jpg tk08.jpg
左吉のもとへ現れるおすみ。しかしその表情はうつろで足取りもあやしい。そして左吉のことを好きと言ったかと思えば、「わたし行かなきゃ、行って男たちに抱かれるの」と、夜の町に消えていきます。

tk09.jpg tk10.jpg
「色好みの狐憑き」となったおすみは、妖しげな寝間で派手な襦袢をまとい、まさに男の毒牙にかかろうとします。

tk11.jpg tk12.jpg
しかし、心の奥に残っていたのでしょう「左吉さん」とつぶやいたところ、それが気にさわった男に頬をたたかれ、その影響で術が解けます。間一髪逃げ出すおすみですが、中庭で男たちに囲まれます。「おすみ、寝間へ戻って客人の相手をせい」と要求されますが気丈に断るおすみ。

tk13.jpg tk14.jpg
だが再び、先生の妖しげな声が響きます「おすみ、寝間へ戻れ・・・」、再び目がうつろになっていくおすみ・・・・ 
(後はお約束の展開です・・・)

全編にわたって催眠術が使われた作品です。女性の表情がうつろになっていく様子、普段の表情と催眠状態のギャップ、「色好みの狐憑き状態」で従順に寝間に横たわる姿、などが楽しめます。催眠施術の描写も丁寧で、メトロノームや香が効果的に使われています。個人的には大好きな作品ですね。

comment

Secre

最新記事
最新コメント
プロフィール

Kiryu

Author:Kiryu

「美女が妖しく変貌する」、というテーマのもと、AVやドラマなどの映像作品について気ままに書いています。主に扱っている内容は、催眠、洗脳、悪堕ち、ふたなり、触手などです。関連して、改造した市販フィギュアや、製作したガレージキットも紹介しています。ときどき妄想ショートストーリーや、最近はイラストもアップしています。 (メールm_kiryu@live.jp)

(アダルトな内容を扱っているので18歳以下の閲覧を禁じます)

FC2カウンター
カテゴリー
タグ分類

妄想ストーリー 

リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。